プライバシーポリシー

個人情報保護法に関するプライバシーポリシー

1.基本的考え方

基幹労連は、賃金・労働条件の改善、健康で働きやすい職場づくりや共済会をはじめとする相互扶助の推進、勤労者のための政策・制度の実現などのために活動しています。こうした活動を円滑に遂行するために、氏名、住所、電話番号等の個人情報を取得・利用しています。

これらの個人情報を保護することの重要性をふまえ、その社会的責任を果たすべく、以下の考え方に基づいて個人情報を取り扱います。

なお、加盟組合を通じて得た情報については、加盟組合の要請に基づき対応することといたします。

(1)
個人情報保護法とその関連諸法令を遵守するとともに、関係省庁ガイドラインなどに従って個人情報を適切に取り扱います。
(2)
個人情報の取得にあたっては、その利用目的を明確にし、それに従って取り扱います。
(3)
適正な個人情報の取り扱いのために、各種規定などを必要に応じて改定・整備します。
(4)
個人情報の漏えい、紛失等を防止するため、必要かつ適切な管理を行います。
(5)
提携・協力している団体等に対しても、適切に個人情報を取り扱うように要請します。
(6)
個人情報の取り扱いに対し、適切な教育を行います。

2.個人情報の利用目的

(1)
組合員の賃金・労働諸条件に関する労使協議(交渉)における基礎的なデータとするため
(2)
機関決定内容等の報告、各種行事の案内など各種情報の提供のため
(3)
個人対象の各種調査・アンケートなどの実施のため
(4)
共済事業に加入した本人および家族への通知・報告や各種案内などを行うため
(5)
政策・制度実現活動などに活用するため
(6)
各種問い合わせに回答するため
(7)
その他上記にともなう業務の実施のため

3.個人情報の共同利用・委託

個人情報を法に基づいて共同利用または委託する場合は、覚書を締結し適切な取り扱いを行います。

4.個人情報の第三者への提供

個人情報を法に基づいて第三者提供することがあります。この場合はその者に対して、名簿の管理、使用終了後の適切な返還・廃棄等について安全かつ適切な措置を施すよう監督します。

5.個人情報の開示など

(1)
組合員の個人情報に関する取り扱いは、加盟組合を通じて行うことを原則とします。
(2)
本人の情報について、開示を求められたときは原則本人に開示します。
(3)
本人から訂正・追加・削除を求められた場合は、必要な調査を行い、その結果に基づいて内容の訂正等を行います。
(4)
本人から利用停止・消去・第三者への提供停止を求められた場合で、申し出内容に合理的な理由がある場合は、これに応じます。

6.個人情報の開示等の求めに応じられない場合

利用目的の通知、開示、訂正、利用停止等において、その措置をとらない場合、または本人の求めと異なる措置をとる場合は、その理由を通知します。

7.個人情報の開示等の受付方法・窓口

原則加盟組合を窓口とします。ただし、直接問い合わせの必要がある場合は、下記窓口へ書面にてお願いします。

受付窓口: 〒104-0033 東京都中央区新川1-23-4
日本基幹産業労働組合連合会 総務財政局
TEL:03-3555-0401 FAX:03-3555-0407

8.個人情報管理責任者

個人情報管理責任者は、事務局長とします。